読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶきっちょ田中、看護師やってます。

落ちこぼれて2年目突入。18歳差の彼氏と一緒にいけるとこまで。

看護師が身を以て教えるうつ病との戦い方②

 

ども、準夜明けの田中です。真夜中の更新です。

眠い、とにかく眠いけど今日の休みは朝から就活に励んだり、汚部屋を掃除したり、夕方はまた婚活パーティーに出向かうので(行かないとか言ってたけどやっぱり行くやつ)更新するなら今しかないなーと思い、奮起しています。はい。のんびりやっていきますよ。

パート1ではうつ病になってしまった過程を呂律しています。同じような症状がある場合はうつ病の可能性もあるので、参考程度にどぞ。

www.akh0808.com

では、さっそく。パート2!

 

1.長期休暇の過ごし方

これねーかなり大切よ。

私は3か月休みました。2週間→1か月→3か月と徐々に伸びていく休暇。

早期発見したかいがあって、うつ病にしては早期の復職となったのだと思います。

ひどい症状に悩まされる人には、1年や2年、それ以上の方もわりと多いはず。

なので、私は特例だと思って皆様はそう焦らずに今を過ごしていただけたらと思います。

では、逆に、3か月で復帰できるような努力はしなかったのか、と言われますとそうでもない。

絶対3か月で復帰してやる…!という気持ちが強かったんです。

そのためにはまずなにをするか。

まず、休む! 

これにつきますね。なんなら夏休みリゾート気分で休めたならいいのでしょうけど、うつはね、そういう気持ちになれんのは重々わかります。

なんで私はできないんだろうとか、外に出たくない、人に会いたくない、みたいな気持ちなんです。はい。

そういう気持ちの時は、自分のできる範囲の事をやってました。プチリハビリ。一人暮らしなので、掃除・洗濯・料理などの家事はどれか必ず一つやって、それで疲れちゃって寝る、というパターンが多かったかも。

なにかをやっているときって布団で潜っているときよりも何も考えずにいられるような…。もちろん、なにもやる気が起きずに丸々一日布団の中って日もありましたが。

まあそんな感じで気楽に休む、これにつきますね。

少し調子が良いときには、外にでて買い物したり、近くの公園やデパートまで散歩したりして気分を紛らわせていました。

私はシフト休みなので、平日に買い物することに違和感は感じなかったです。土日だと人混みが嫌で、もっぱら出かけるなら平日でした!

 

逆に、うつ症状が酷い時には寝る。これです。眠剤を内服している方も多いと思います。私もそうでした。不眠症状が一番つらかったかも。

でも、24時間起きていられることって不可能に近いじゃないですか。

確かに朝起きて夜に寝る、生活リズムを整えることは大事です。

でも、夜寝れなくて眠剤を過剰に内服しても寝れないなら、私は長期休暇の時くらい生活リズムが崩れてしまうのは致し方ないことかな、と思います。これは個人の感想ですが。

うん。それに看護師は夜勤もあったりするのでそもそも生活リズムなんて整いませんし。大丈夫です。寝なくても死にはせんし、そのうちくそ眠くなります。3日起きてたらたいしたもんです。

夜、眠れないときは、私は音楽をきいたり、本を読んだり、ぼーっとしたり、部屋の掃除を前倒しでしたり…。

ああ、あと!

長期休暇。せっかくならもっと楽しめばよかったなーといまでは後悔しています。

行けるなら、旅行。

一人旅をしたかったです。いろんな場所にいっていろんな刺激を受けたかった…!インドとかね、ありきたりなやつ。働き始めるとなかなかいけないのでw

 

2.抗うつ剤睡眠薬について

これは最初かなり抵抗がありました。私だけではないはず。

最初に看護師さんから説明を受け、採血をし、飲み忘れにだけは気をつけろ!と散々脅されました。

結果、私は抗うつ剤とは約半年、眠剤抗不安薬は約1年ちょっとお世話になるのですが…。

 

私が処方されたのはサインバルタというお薬です。

現在、処方される抗うつ薬には副作用が少なく効果もそこそこという薬が一番大きく出回っています。

その中でも有名なのが、

①SSRI(デプロメールパキシルジェイゾロフトなど)

②SNRI(サインバルタトレドミンなど)

③NaSSA(リフレックスなど)

の3つですね。

①のSSRIはうつ病の人に不足しているセロトニンを増やすのに特化した薬、②のSNRIはセロトニンに加え、ノルアドレナリンといった意欲を出すらしいものを増やす薬、③のNaSSAはセロトニンノルアドレナリンを分泌させる薬、SSRIとSNRIとは作用機序が違うとのことです。

その人に合わせて、合う薬を見つけるのが治療の第一歩となります。

強ければいい、弱ければいいというわけではありません。

それに薬の効果が出始めるのは2週間~1カ月と時間がかかる薬なので焦らずにきちんと飲み続けましょう。

あとは自己判断で薬を急にやめると離脱症状といってかなり苦痛な症状がでますので、主治医と相談しながらゆっくり自分のペースで治療を進めてください。(なんだろう、我ながら看護師っぽいw)

 

あとはとにかく寝れない!といった入眠障害が私はなかなか手ごわくてですね。一番薬を変えました。

マイスリーアモバンハルシオンも全く効かなかった!追加で飲みたくなる衝動を主治医に相談したら、肝臓がいかんぞうっていわれたのでやめました。もう主治医にそんな寒いギャグを言わせないためにも自己判断で追加して飲むのはやめようっておもいました。

結果、ロヒプノールといった最終的には即効性のない薬を飲んでましたね。

もう入眠は諦めろってことだと解釈しましたwそしたら案外寝れました。徐々に量も減らし、今は頓服でマイスリーを飲む程度です。

仕事をはじめたら疲れてほどよく寝れるみたいです、運動大事やねん。

 

そんな感じでゆるーく説明を交えてみましたが…。なんだろう。ためになるんかこれ?w

とにかく休め!そして行けるなら旅行!薬は主治医と相談しながら自分に合うものを内服しろ!という風にまとまります。ええ。なんてこったい。

 

次回は、復帰後!について私の経験談を交えてお話したいと思います。

たぶん今回の記事よりは参考になるのでないかと思うけど、私復帰すんのくそはやかったからなあ…。

とにかく、もう眠いので寝ます。

皆も寝れたら寝なさい。寝れないなら私のことをおもって寝なさい。急なスパルタ調です。

おやすみなさい。